読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子を応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

オレンジからグリーンへ

金曜日は息子のテニススクールの日です。

 

 

息子は毎週楽しみにしていて、少し前に買ってもらったテニスウェアに毎回きちんと着替えて、お気に入りのラケットを亀の甲羅みたいに背中にぶら下げてスクールに通っています。

 

 

そんな息子が通うスクールは自宅からは少し離れているため、毎週私が車で送迎してそのまま練習も観覧しています。このスクールの観覧が親バカですが、毎週の楽しみでもあります。

 

 

息子は当初オレンジボール(※下記参照)を使用して練習する初級クラスに入会しましたが、3ヶ月ほどでコーチから「来月からグリーンボールを使う中級クラスでやってみませんか?」と薦められ、初級クラスの中では周りの子よりも少し早いタイミングで次のステップに進ませてもらったようで、現在は中級クラスで上級生に囲まれながら(息子以外はみんな学年が上の子ばかり)練習に励んでおります。

 

 

親としてはちっぽけなステップアップとはいえ、少なからず嬉しくもあり、教えてくれているコーチや現在のテニス環境には一定の満足をしています。

 

 

引き続き、彼のテニスへのモチベーションなど、諸々の推移を見守りながら、子どもと一緒にさらなるステップアップを模索していければいいなと考えています。 

 

 

※テニスには年齢や能力に適したボールやコートの大きさが設定されており、低学年や初心者が使用するレッドボールから上級に向かって レッド → オレンジ → グリーン → イエロー(一般と同様) のボールを使用して練習する「PLAY&STAY」プログラムというものがあります。

詳しくはこちら(日本テニス協会のサイトへ) → TENNIS PLAY&STAY