テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

息子たちのテニス日記

いよいよ大会に出ることになりました!

このブログでも再三触れてきた息子(お兄ちゃん)の大会参加について(過去記事参照)ですが、いよいよ本人の覚悟が決まったようです!大会、出ることになりました! テニスをさらに楽しむための新たな刺激として、実践の場に参加してみるのもいいかもしれな…

杉田選手も私も…それぞれの負けられない戦い!

さて、杉田選手のウィンストン・セーラム(アメリカ/ウィンストン・セーラム、ハード、ATP250)での敗退は残念でしたが、杉田選手には開幕の迫る全米オープンに向けて、気持ちを切り替えてしっかりと準備してもらえたらと思います。 開幕が本当に楽しみな全…

今年はお盆もテニスが中心

私のお盆休みは家族サービスとともにあっという間に終わりましたが、息子たちの長かった夏休みもそろそろ第4コーナーに差し掛かるところです。 例によって、小学生たちの夏のお供になっている夏休みの宿題については2人ともそれなりに計画的にこなしていたよ…

息子の初“練習試合”がありました!

約2ヶ月前に「僕も大会に出てみたい」という息子(お兄ちゃん)の意思を確認したものの、いざ外部の大会などへ申し込みとなると怖気づいてしまうのか、未だにスクール以外でのテニス活動に一向に参加する気配のない息子です…。(親子では週末等にテニスコー…

フェデラーの歓喜とチリッチの涙

ウィンブルドン(全英オープン)が閉幕しましたね。ロジャー・フェデラーの優勝、本当に見事でした。今年で36歳という年齢で、グランドスラムという最高レベルの大会で、1セットも落とさずに優勝なんて凄すぎます。 私は今大会、初めてじっくりとフェデラー…

やってしまった話

昨日は息子たちのテニススクールがお休みだったので、その代わりに近所のテニスコートを借りて2時間ほど一緒に練習をしてきました。 お兄ちゃんの方はグリーンクラスでの練習がだいぶ身についてきて、ストロークラリーはそれなりにスムーズに出来るようにな…

「明日はテニス」と「僕の宝物」

先週のスクール前日、木曜日のことでした。 私が仕事から帰ると、子どもたちはいつも通り、もうぐっすり夢の中。 ふとリビングを見ると、次の日の持ち物(ランドセルや何やら)と一緒に息子(お兄ちゃん)が使っているラケットが準備されていました。 (いつ…

ライバル誕生!?

息子のテニスが最初の転換期を迎えて数日。 なんと我が家に新たなテニス小僧(こちらはまさしく“小僧”にふさわしいタイプ)が誕生しました。 それは兄(これまで息子と称していた)の影響を受けて「僕もやる」とテニススクールへの入会に名乗りを上げた弟で…