テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

杉田選手のファンになりました!

日本人史上3人目となるATPツアー優勝、そして初のウィンブルドン1回戦突破という芝のシーズンを自己最高と言える形で終えた杉田祐一選手が帰国し、記者会見に臨みました。

 

 

本人も驚いているように、テレビカメラ6台に報道陣60名ほどが集まるなど、注目の高さが伺えます。

 

 

コートでのプレースタイルもどちらかと言えば淡々としている杉田選手ですが、会見での受け答えも誠実さが伝わってきて、とても好印象でした。

 

 

さて、そんな杉田選手が少し前に自身のブログで今回の活躍について心境を明かしており、私は文章を読んで瞬く間に杉田選手のファンになりました!


 

若い時の失敗やたくさんの葛藤、苦難を乗り越えてのツアー優勝、本当にその喜びはひとしおだったと思います。

 

 

私はそんな杉田選手の謙虚さがとても好きです。

 

 

実際にお会いしたことはありませんので、私の勝手な推測ではありますが、杉田選手は試合中も感情を必要以上に表に出さず、決して荒ぶることなく、ただ淡々と自分自身に向き合っている様子で、そこから伝わる人間性にとても魅力を感じています。

 

 

これから息子たちが成長して大人になった時に、テニスをしたり、人と関わったりする時には、杉田選手のような謙虚な姿勢を忘れない、誰からも応援されるような魅力的な大人になって欲しいと思います。

 

 

でも、息子たちに言う前にまずは自分ですね…。「人の振り見て我が振り直せ」ということで頑張ります。それではまた!