テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

まだまだ…まだまだ

全然まだまだでした…。

 

 

前回のスクール内の大会で健闘したとはいえ、やっぱりまだまだ…まだまだです。

 

 

息子(お兄ちゃん)のような「週1スクール通い」の子と毎日練習しているような「選手コース」の子とでは、見えている景色が違い過ぎると改めて感じた今回の草トーでした。

 

 

結果は0-6で初戦敗退。コンソレも2-6でこちらも初戦敗退となりました。

 

 

でも、冷静に考えれば当たり前です。息子の練習量でそんな子たちに敵うはずはないのです。

 

 

息子も私もすぐに浮かれるのが悪い癖です…(+_+)

 

 

とにかく、上に行きたければ練習あるのみです。選手コース、そろそろ本気でどうするか、どのクラブで、どんな環境に身を置くのか、考えなければいけないタイミングのように感じます。というか今がそのタイミングです、間違いなく。

 

 

ただ、成長している面も、細かく見れば確実にあります。

 

 

息子も自分なりに出来てきた部分、まだまだ足りない部分の実感があるようで、次の私とのコート練習では「こういう部分を練習したい」と伝えてきました。

 

 

今回のトーナメントでは初戦敗退後に私と息子の間ではじめてプレー(特に取り組む姿勢の部分で)について一悶着ありましたし、それが良い悪いはさておき、お互い言い合って、こちらの伝えたかった“熱”は少なからず伝わったように感じました。そのあとの試合に反映されたかと言われれば微妙ですが、本人は努力はしてくれているようでした。

 

 

「何のためにテニスをするか」という部分はまだ息子にとってはハードル高めな話かもしれませんが、それこそ選手コースに入るだとか、今よりもっとテニスに重きを置くという話になれば、ベースとして確実に持っていなければならない部分なので、またそういう話もしなきゃいけないなと思っています。

 

 

うーん、道のりは長い。