テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

Dreams come true の話

歌手のドリカム、ではなくサッカーの中澤佑二選手についてです。一瞬、ん?なんでドリカムの話題?と思われた方もいるかと思いますが、すみません(^_^;)完全に世代ではありますけどね。

 

 

皆さんご存知の通り、Dreams come trueの和訳は「夢を叶える」です。

 

 

今回は中澤選手が語る「夢を叶える」ことについてのお話です。

 

 

私は中澤選手、結構好きです(^_^)なぜかというと“飾らない人柄”が魅力的なので。

 

 

学生時代は決して恵まれた環境に居たわけでは無いけれど、自らの力で道を切り開き、今なおプロの第一線で活躍している中澤選手が語る、“夢を叶える”ということ。

 

 

私は凄い好きな話なので、とても説得力のある中澤選手の言葉をぜひとも我が家のテニス小僧たちに伝えたいんですが…でもまぁ…きっと右から左へ受け流されるだろうな、うん…分かってます(^_^;)でもお兄ちゃんには何か少しでも感じてもらえたら嬉しいですけどね…どうかなぁ。

 

 

とにかく、凄くいい話だと思うので、皆さんもぜひご一読を(^_^)