テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

復活の「K」!

ATPマスターズ1000モンテカルロ大会決勝戦

 

 

私が素人目に見てもやはり、ナダルは強かった…別格でした。

 

 

試合後のインタビューで錦織選手もナダルの強さを語っていますが、付け入る隙が無いとはまさにこのこと…圧巻の優勝だったと思います!

 

 

そしてもちろん、我らが錦織選手の準優勝もとても嬉しいニュースであることには違いありません!(優勝に越したことはありませんが、今回は準優勝でも十分だったかなと)

 

 

今大会は“復活の「K」”を強く印象付けるプレーを披露してくれたと思います。

 

 

今大会の錦織選手を見ていて改めて思いましたが、錦織選手やっぱり凄いです。

 

 

元世界4位は伊達じゃない、そう実感しました(※注)

↑ (^_^;)もちろん上から目線じゃありません…個人的な興味の観点で書いておりますのでご了承ください。

※注)私自身がテニスというスポーツを見始めてからまだ1年程度で、そういう中で選手の好不調の波などを見ながらテニスというスポーツを見ていて、最近は特に“テニスが上手い”ということがどういう事なのかを自分なりに考えており、そのうえで錦織選手がなぜ世界4位まで辿り着けたのかということがとても興味深い部分になっているんです。

 

 

ナダルには惜しくも敗れてしまいましたが、そのナダルをはじめ準決勝で対戦したズベレフ、その前にはチリッチなど世界のトップランカー相手にもまったく引けを取らない戦い方、そして勝利。

 

 

世界ランク上位の選手が兼ね備えているテニス特有のインテリジェンスを錦織選手は持っているんですね。

 

 

そして、こうなってくるとどうしても期待してしまうのが「GS(グランドスラム)」ですよね(^_^)

 

 

日本人にとっては未踏のGS制覇。まずは5月開幕のローランギャロスで日本人がトロフィーを掲げる姿をぜひ見てみたいですね。

 

 

とその前に、今週開幕のバルセロナ大会ではなんと2回戦で「錦織圭vs杉田祐一」の試合が実現するかもしれません!復活を遂げた錦織選手がシードの実力を発揮するのか、それとも杉田選手が日本人対決で意地を見せるのか、興味は尽きません(^_^)

 

 

まずは杉田選手に今日の試合を突破してもらって錦織選手との対戦を実現させてもらいたいと思います!

 

 

 

ちなみに錦織選手と杉田選手のいるブロックは勝ち上がると3回戦ではナダルと当たる可能性があります(; ・`д・´)こちらもどうなるか分かりませんが注目です!

 

 

でも、まずは今夜です!頑張れ杉田選手!そして錦織選手も!