テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

なんとか1年続きました

ブログ、なんとか1年続きました(^_^)はてなブログから1周年おめでとう🎉メールを頂いて気付いたわけですが。

 

 

自分の傾向からすると続いた方です。物事を継続させることがそんなに得意ではないもので…でも、ブログに関しては息子たちがテニスを続けていることが大前提にあることもありますが、いつもこんな拙い内容・文章にお付き合い頂いている、ブログを見てくださっている皆様のおかげです<(_ _)>本当にありがとうございます。

 

 

今後もマイペースでそして細々と2年、3年と続けていけたらとは思っております。もちろん息子たちがテニスを続けてくれることが(おそらく)大前提となりますが、皆様とのブログを通じたコミュニケーションが日々の中で自分自身の大きな支えになっていることは間違いありませんので、ご縁を大切にさせてもらいながら引き続きどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 

さてさて、そんなわけでブログ2年目も張り切っていきたいわけですが、2年目の初回はお兄ちゃんのかけっこ(足の速さ)について書きたいと思います。

 

 

我が家のある地域では5月が運動会シーズンで、小学校の運動会に加えて地域の運動会も開催されます。

 

 

私は仕事があったりでほとんどノータッチなのですが、運動会前から学校でも地域でも本番に向けてメンバー選考があるようです。

 

 

花形はリレーになるわけですが、なんとお兄ちゃん、両方の運動会でリレーのメンバーに選ばれちゃったんです。

 

 

私からするといつの間にそんなに足が速くなった?何かのトラブルで繰上り的な選出?なんて思っていたら正真正銘メンバー入り(; ・`д・´)テニスを始めたのもあって多少は運動能力が上がったとは思っていましたが、学年で数人しか選ばれないリレーメンバーに入ってしまうなんて、正直凄いなぁと感心してしまいました。私自身は子どもの頃からいわゆる「ザ・平均人間」だったので、突出して何かに選ばれるような経験をしたことがなく、それを軽々とやってしまった息子がなんだか眩しく見えました(笑)

 

 

 保育園の時には極端なちょこちょこ走りでだいぶコミカルだったのですが、人って成長するものですね(^_^;)

 

 

本人もだいぶ自信になったのかモチベーションも凄くて、最近はYouTubeで走り方のフォームを改善するような動画を見て「スタートのフォームはこんな感じでいいよね?」など私に逐一確認してきたりします(^_^)

 

 

テニスをやっていると直線的に長い距離を走ったりすることがないのであまり分かりませんでしたが、今回の件は本当に少しだけビックリしました。

 

 

本人にそんなことを言ったら軽く怒られそうですが、勉強の方があんまり期待できそうにない分…(^_^;)スポーツではぐんぐん伸びて欲しいと思っていたのでなんだか良かったです。

 

 

地域の運動会と小学校の運動会両方で良い走りが出来るといいですね♬お兄ちゃん(^_^)頑張れ!