テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

強く願う事

タレントの武井壮さんがテレビ番組でコメントされていた内容が記事になっていました。

 

 

私個人はとても共感できる、強く同意できるものです。

 

 

子どもたち、選手たちのために必要な本当の“指導”とは。

 

 

でも…こういう話に柔軟に耳を傾けられる人はそもそも、もう次の時代や新しい価値観に気付いて、進んでいるはずで、反対に自分(指導者というもの)が絶対的に偉いんだといつまでも古い小さな世界で胡坐をかいている一部の勘違いした人間にはきっと伝わらないのだろうと思ってしまいます。

 

 

本当にいつになったらこういう人間たちは自分たちの愚行に気づくんだろう(すいません、正直腹が立ってしまって厳しい言い方になってしまっています!)

 

 

1日でも早く、子どもたちや選手(もちろんスポーツに限らず)が本当に伸び伸びと好きなスポーツ(こと)に邁進出来る場所が増えることを、また逆に、勘違いした人間のために苦しい思いをして可能性を閉ざしてしまう子ども達や選手がいなくなるように、強く願っています。