テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

今度はダニエル太郎選手に一目惚れ?したようです

12月も、もう半分が終わり、2018年も残すところあと半月です。本当に時間の流れはあっという間ですねぇ(´ー`)

 

 

最近はそんな師走の忙しさにかまけて、ブログの更新がまた滞ってしまっていました(^_^;)

 

 

11月は我ながらなかなか良いペースだったんですが、12月になって余裕がなくなるとやっぱり駄目…(^_^;)うーん、仕事も趣味も家事もフレキシブルにこなせる器用さが欲しいと切実に感じる今日この頃です。

 

 

さて、気を取り直して。今回は11月25日に名古屋で行われた日清食品 ドリームテニスNAGOYA 2018」にお兄ちゃんと弟くん、それに、どうしても大坂なおみ選手を生で観たいという奥さんの3人が観戦に行きましたので、その時の様子などをご報告します(^_^)と言っても、書いてある通り私は今回は不参加だったので、録画で観たWOWOWの中継と子どもたちと奥さんの感想を参考に書きたいと思います。

 

 

今年のドリームテニスは楽天オープン同様、有明コロシアムが工事のため別会場での開催でした。そして幸運にも私たちが住む中部圏の名古屋で行われるという事で、開催が発表された時期からとても楽しみに待っておりました!

 

 

ただ、開催が中部圏だからと言って容易に観に行けるわけではもちろんありません(^_^;)そうです、チケット取らなきゃいけないんです…(当たり前ですが)なぜ、このチケットを取る部分を強調するかと言うと…このドリームテニスも私が思っていた以上に人気のイベントで、また改めてテニス人気を実感させられたわけです(^_^;)

 

 

だって、チケット販売開始からわずか3分弱で全席無くなってしまったんですから…(・_・;)ス、スゴイ…。でもまぁ…冷静に考えれば今年の大坂なおみ選手の活躍と相変わらずの錦織選手の人気をもってすれば当たり前ではあるのですが…。

 

 

購入前、私は今回は楽天オープンと違ってエキシビジョンのイベントだから、さすがに余裕をもって好きな席を取れるだろうと高をくくっていたんですが、席が無くなっていく速さに正直めちゃくちゃ焦ったのを覚えています(^_^;)特に子どもたちからは「チケット絶対取ってね!」と念を押されていたので、3席確保できて本当にひと安心でした(^_^;)

 

 

かくして、肝心のチケットを取ることが出来て、特に弟くんと奥さんは初めての生錦織圭だし、加えて奥さんはお目当ての大坂なおみ選手が観られるとあって、3人とも当日は意気揚々と出掛けていきました(^_^)まぁ、私は行きませんでしたが、家族の嬉しそうな笑顔が見られただけでも頑張ってチケット取った甲斐があったなぁと思うことが出来ました♬

 

 

ドリームテニスの内容は普段は見ることのできない選手たちのダブルスペアやシングルスの対戦がメインで、イベント時間も4時間を超えるボリュームで盛沢山だったようです!

 

 

特に奥さんは錦織選手のコーチであるマイケル・チャンさんがあんなに愉快な人だと思ってなかったようで「あのコーチの人、めちゃくちゃ面白かったよー!(^_^)」って驚いてました(´▽`)私もWOWOWで観ましたが、確かに毎度テニスイベントでは盛り上げ担当の松岡修造さんに負けないくらい積極的に盛り上げてくれていたように思います(^_^)私も同じ指導者という立場で見ても、チャンさんは本当に素晴らしい感性・人間性の持ち主なんだろうと心から尊敬してしまいます!

 

 

また、お兄ちゃんは今年これで2度目の生錦織圭で、私もつい「1年で2回も生で錦織選手を見られるなんて本当に贅沢だぞ!」と厚かましく念押ししてしまいました(^_^;)しかし、お兄ちゃん自身は今回初めて生で観たダニエル太郎選手に一目惚れしてしまったみたいなんです(^_^;)「錦織ももちろん好きだけど、俺、なんかダニエル太郎がカッコ良かった!」らしいです(笑)

 

 

ちなみに奥さんは大坂なおみ選手を生で観れて、その迫力(特にあのパワフルなサーブ!)とオーラに感嘆していましたし、男子では「綿貫くんがスタイルが良くてすごくカッコ良かった♬」とも(^_^;)いや…「綿貫くん」て…。ジャニーズのアイドルみたいになってますけど…。

 

 

とまぁ、それはともかく、今回感想を聞いて感じたのはやっぱり何でも直に観て体感すると親近感も湧くし、特に子ども達は錦織選手や今回のダニエル太郎選手からもどんどんと刺激を受けて、自分のテニスに還元してくれればいいなぁと思いました。生で観に行くと、もちろんお金も労力もかかるわけですが、子どもたちの感想を聞いたりすると、それを補って余りある体験をしているんだなぁと、子どものころの体験はやっぱりかけがえのないものなんだなぁと改めて思いました(´ー`)あ、もちろん奥さんや我々大人も!

 

 

それと、ここまで忘れられてしまっている…そう!一緒に行った弟くんですが…(^_^;)なんと半分くらいで若干退屈になってしまったようで、残念ながら途中離脱…。迎えに行った私と一緒にイオンモールで残りの時間を過ごしました…(^_^;)まぁ、まだスポーツ観戦を楽しめるようになるには時間がかかりそうな弟くんでありました。あ、でも一応感想として「松岡修造が面白かった!」って言っていました...(^_^;)あの短時間でも8歳児にしっかりインパクトを植え付ける松岡さんのキャラ、さすがです!

 

 

錦織選手や大坂選手に加えて、ダニエル太郎選手も好きになったお兄ちゃん。途中で退屈になってしまったけど、テニスは相変わらず楽しく続けている弟くん。また今後も機会があればテニスに限らずですが、こういう体験をいろいろさせてあげられたらと思います!あとはこれを実際に自分たちのテニスにしっかり還元してくれれば言うことなしなんですが、そこはまだまだ結果が伴わない彼らなので、この「体験×成長=結果」を自分のものにしていって欲しいところではありますね(´・_・`)

 

 

お兄ちゃんは今月参加したものと来月にまた公認大会があるので、その辺で少しずつ変化を出していけるか見ものです👍出るといいです、ドリームテニス効果(^_^)