テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

この敗戦が大きなきっかけになれば

杉田選手のウィンブルドンが終わりました。

 

 

結果は下記のとおり。

 

 

全英オープン

1回戦 vs R.Nadal(wr2) 3-6,1-6,3-6 ✘

 

 

ナダルはやっぱり強かったです。

 

 

なんだかんだで最終的にきっちり勝利する、これこそが“強さ”なんだろうと今回のナダルを見て思いました。

 

 

そういう意味では、2回戦のキリオス戦でもナダルはその“強さ”を発揮していました。本当に感服です。

 

 

さて、杉田選手の今回のプレー、私個人の感想としてはとっても良かったんじゃないかと思います。

 

 

なんだかド素人が偉そうに上から目線みたいになってますが...(^_^;)その点はすみません。

 

 

杉田選手自身も試合後にツイッターなどでおっしゃっていたように、試合の中で見えた充実感がこちらにも伝わってきたというか、杉田選手の言葉がまさにその通りだったように、ずっと見ていたい、また今後が楽しみになる、そんなプレーだったと思います。

 

 

ナダルを相手に、ウィンブルドンという格別の舞台で、いろいろなきっかけを感じることが出来たんだろうなと、とてもポジティブな印象を受けました。

 

 

試合には負けてしまいましたが、今の杉田選手に出来るプレーを実践し、今の杉田選手に必要な何かをしっかりと得ることが出来た、最高の試合だったのではないでしょうか。

 

 

今後の杉田選手の試合予定については分かりませんが、今回の戦いを経た杉田選手のさらなる活躍を心から願っています。

 

 

ひとまず、グラスコートシーズン、お疲れ様でした。

 

 

ちなみに少し話が逸れますが、日本で新たなATPチャレンジャー大会が行われるようです!

 

 

ATP公式サイトでは8/5(月)から三重県四日市で大会が開催されることになっています!

 

 

ただ、この時期になっても詳細が未発表なので、本当に実施されるのか半信半疑で、日本テニス協会へ問い合わせをしたところ、大会は行われるようです(^_^;)

 

 

例えば、サッカーでは国際大会がこんなギリギリまで詳細が発表されていないことなんてあり得ないので、テニス独特の仕組みなんだろうと思いますが、まだ正直言って実施されるのか信じ切れません(^_^;)さすがに1ヶ月切って詳細不明なんて…。

 

 

でも、もし本当にやるのであれば、もちろん…杉田選手を観たい!ということですね(^_^)

 

 

最終的にどうなるのか分かりませんが、随時情報をチェックしていきたいと思います。

 

 

夏休みの予定に三重県遠征が加わるといいです!