テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

父の決意

以前のシンの記事☟から約1ヶ月が経ちました。

 

 

「自分は、息子への関わり方を変えることが出来ているのかなぁ...」こんな自問自答の日々が続いています。

 

 

毎日、意識はしていますが、正直言って「自分の関わり方を改めることが出来ている」と自信を持って言えるかと聞かれたら答えは「No」です。

 

 

うーん、なんだかんだで介入してしまっている自分がいます。

 

 

一体、どうすりゃいいんだ…。

 

 

最近、これまでの反省も踏まえて、池上正さんの著書「伸ばしたいなら離れなさい サッカーで考える子どもに育てる11の魔法」を読み返しています。

 

 

本の中には、いろいろなことが書かれているのですが、要するに何が大切かというと、やはりタイトル通り「伸ばしたいなら離れなさい」ってことです。

 

 

池上さん曰く、親の出番は下記の3つだけだそうです。

1.子どもが自分で考える時の「基礎(ベース)」を作る時

「考えるベースをつくる」とは、物事のなりたちを教えることです。

2.やり過ぎる子にストップをかける時

3.上手な子どもがテングになりそうな時

 

 

この上記3つ以外の時は「放っておけばいい」のだそうです。ただ、注意として「大切なのは適度な距離で放っておくこと。決して放任すればいいのではない」ということも書き加えられていました。

 

 

「よし。我が家でも本気で放っておいてみよう」

 

 

決意を決めたのが、昨日のこと。

 

 

週末に予約していたオンコートもすべてキャンセル。本人の口から希望があるまで、私は口出し・手出しはしないことにしました。

 

 

用具についてもです。今シンのテニスシューズは替え時です。足入れ部分の縁がやぶれてしまっています。それでも、本人が言って来るまでは放っておこうと思います。

 

 

関わることをやめて、眺める程度にします。

 

 

私自身、決意をもって、息子から離れます。(あ、でもブログはもちろん続けます)

 

 

本気で離れてみて、そこからシンがどうなるのか。

 

 

夏休みに入ってからは大会もいくつかありますが、私は関わりません。送り迎えくらいは必要に応じてしますが、あとは彼次第。もし、本人から求められれば、聞いて、最小限度のサポートはします。

 

 

まずは夏休み。本気で離れて、そして様子を見守ろうと思います。