テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

大人も日々学び考える

まだまだ…まだまだ

全然まだまだでした…。 前回のスクール内の大会で健闘したとはいえ、やっぱりまだまだ…まだまだです。 息子(お兄ちゃん)のような「週1スクール通い」の子と毎日練習しているような「選手コース」の子とでは、見えている景色が違い過ぎると改めて感じた今回…

私もテニス、始めまして

明日から始まるATPファイナル、楽しみです。我が家は息子(お兄ちゃん)が楽天オープン以来のゴファン推しなので、以前から好きなティエムとゴファンが同組のサンプラスグループに注目しています。 またファイナルで言えば、ネクスト・ジェネレーションの方…

最近の悩みの種

前回の堅い内容とは打って変わって、今回はゆるめというか、最近の雑感や息子たちの様子など。 お兄ちゃんは楽天オープンから続くモチベーションを持続したまま、今ちょっとした分岐点に差し掛かっているところと言えるでしょうか。 それは「もっとテニスを…

「傾聴力」と「主張力」が重要

うちの息子も今はテニスにはまっていて、このブログでもお伝えしている通り、将来はそのテニスで成功を収めたいと語っています。 そんなスポーツでの成功を夢見る子どもたちは世の中にたくさんいると思いますが、実際にその栄光を手にすることが出来る人は全…

やってしまった話

昨日は息子たちのテニススクールがお休みだったので、その代わりに近所のテニスコートを借りて2時間ほど一緒に練習をしてきました。 お兄ちゃんの方はグリーンクラスでの練習がだいぶ身についてきて、ストロークラリーはそれなりにスムーズに出来るようにな…

「“指導者”を考える」(後編)

今回、私がこのような記事を書いた背景には、やはり2人の息子たちのことがあります。 そして私自身が、指導者として子どもたちにサッカーを教える立場にいるから、という理由もあります。 息子たちがテニスを始めたこのタイミングで、今までは指導者として見…

「“指導者”を考える」(前編)

錦織選手をはじめ、テニスのトッププロ選手たちの活躍もあり、スポーツを始める時にテニスを選ぶという子どもたちが増えているようです。 もちろん、うちの息子たちもその口です。 彼ら、彼女らは将来の成功を夢見て、スクールなどに通い日々努力を積んでい…

「僕、もうテニスはやらない」

前回の記事で触れた息子との話し合いはまだ出来ておりませんので、今回の投稿ではそれについてのご報告は出来ませんが、今日は少し本線を外れて、とあるブログ記事を拝見して感じたことを書いてみたいと思い、パソコンに向かっております。 それは、業界では…