テニスで手にする夢への軌跡

テニスをはじめた息子たちを応援する父親として、またジュニアスポーツに携わる大人として“自分ができること、感じること”を。

コツコツと着々と

お兄ちゃんは年明けにクラブの初打ちに参加してきました。

 

 

同じグリーンボールのクラスの子たちでの交流戦でしたが、新年初陣、本人にとっては良い滑り出しとなったようです。

 

 

まずは予選リーグ、結果は見事1位!お兄ちゃん、最近間違いなく腕が上がってます!

 

 

テニスが上手になっていますね(^_^)やるなぁ♬

 

 

特に2試合目、おそらく同学年のなかなか上手な女の子相手に6-2の勝利。

 

 

前は見ることが出来なかった、“つないで決めるテニス”が出来ておりました。

 

 

試合後は満足そうにドヤ顔して、弟君にいっちょ前にサーブの手ほどきをしていました(^_^)

 

 

そのあと、各グループ1位の子たちでの変則マッチでも結構ポイントを取れていて、親バカを差し引いても、今回のメンバーの中では1番か2番の実力だったように思います。

 

 

もちろん、あくまで今回のメンバーの中ではという話なので厳密な指標にはなりませんが、それでもここまで出来るようになったんだと私も見ていてなんだか息子が頼もしかったです。

 

 

本人は今、選手コースに移るかどうか悩み中といったところですが、今回のようにコツコツと試合経験を積みながら、いつになるかは分かりませんが来たる選手デビューに向けて腕を磨いてくれたらと、親としては考えています。

 

 

お兄ちゃんもですが、弟君も少し上手くなってきています(^_^)私とのラリーも続くようになったし、2人とも引き続き頑張れ!